NOW LOADING

ミーハーなバンコクのあれこれ紹介 | MFAD

ミーハーなバンコクのあれこれ紹介


ここタイのバンコクは、東京都バンコク区なんて言われます。

初めてバンコクを訪れた時には、本当に驚きました。
ショッピングモールの中は3割程日本食レストランがあり、メニューには日本語でサブタイトルがふってあります。
セブン-イレブンやロウソンは日本で見たそれと同じ。なにからなにまで寸分違わない。

日本から飛行機で2時間も離れたここバンコクは日本でした。

街と移動

ざっと見積もった感じ、バンコクの街は東京ほど広くありません。
大阪か、名古屋くらいでしょうか。(どちらも詳しくないのでわからないですが、)
東京の1区分か2区分くらいです。

頻繁に利用される公共の交通網として、地下鉄とモノレールが一本づつあり、アソーク駅とスクムビット駅で連結しています。現在、他のルートも開発予定らしいですが、これほどの都会なのに、電車の数が少ないのはちょっと不便ですね。その代わり、タクシーやトゥクトゥク(インドではリキシャー)がありますが、年中無休で慢性的なトラフィックジャムのバンコクではこれも不便。(タイ人クルマ好きだなー)

これを避けられる方法として、バイクタクシーがあります。バイクなので、渋滞もスイスイ越えていきますし、料金もお手軽。オプションとして風も感じちゃえます。しかしながらインドほどではないですが、自動車の交通ルールーは自動車優先の我先に突っ走るルールが適用されており、事故の際は完全自己責任ですので、ご了承しなければなりません。

食事

食べ物に関しては、旨い。安い。早い。と三拍子です。インドでは安い。遅い。辛い。でした。
日本食があるので、醤油を摂取することは常に可能ですし、そもそもタイ料理という選択も問題なしです。
味付けは少し辛い(私はインドに住んでいたので少しと感じるかもしれません。)
飲み物は少し甘い(私はインドに住んでいたので少しと感じるかもしれません。)
中には、味付けがあわない。お腹をこわす。と言った人もいるようですが、そういった恐れがある人はどうぞお近くの日本食レストランへ。

そして、私のおすすめはタイティーです。タイのミルクティーです。
これが本当に美味しい。インドではチャーイというミルクティーがありまして、インドに在住中それを毎日飲んでいました。
初めは甘すぎると思いましたが、慣れればチャーイ中毒です。
インドのチャーイはスターバックスでも同名の商品が発売されるほどに有名ですが、タイティーはきっとそれほど有名ではないでしょう。芳醇な香りとコクがあり、お砂糖がたっぷり入ていますが、口当たりがとても良いです。おとぎの国のお姫様が湖畔のほとりで飲んでいるものはきっとタイティーです。
なにわともあれ、お勧めですのでバンコクにお越しの際には是非、タイティーをご注文ください。

-スポンサーリンク-

この記事が気に入ったらシェアお願いします。
ミーハーなバンコクのあれこれ紹介
http://moodforaday.in/63 

ここタイのバンコクは、東京都バンコク区なんて言われます。 初めてバンコクを訪れた時には、本当に驚きました。 ショッピングモールの中は3割程日本食レストランがあり、メニューには日本語でサブタイトルがふってあります。 セブン・・・

シェア:
この記事を読んだ人にオススメの記事