NOW LOADING

美女にモテたい男子はタイへ、イケメンにモテたい
女子はインドへ行け | MFAD

美女にモテたい男子はタイへ、イケメンにモテたい女子はインドへ行け


日本にいるときは外人をやはり特別な目で見ていました。
特に男性だったら女性を、女性だったら男性を異性としてみていたはずです。

 

しかし、日本を一歩出れば。自分が外人です。外国人になってみて、その国の人からどう見られているかをよく感じます。
一般的には日本人男性は世界一モテないと言われ、日本人女性は世界一モテると言われています。

 

PAK83_moumeromero20140321500

 

思いあたる理由は主に下記の3点

  • 日本人男性はシャイで、異性に対してアピールが足りない。対して日本人女性はそこが奥ゆかしい。
  • 日本人男性は男尊女卑で、紳士ではない。でも日本人女性は男を立ててくれるし男に尽くしてくれる。
  • 日本人男性は背が低くて、細くてオタクみたい。日本人女性はかわいい。

悔しいですがどれも、私は思わず納得してしまいます。
でも、それは国や文化や人の好みの問題で、千差万別されます。これらの意見はおそらく、白人から見た日本人と言った感じに見受けれます。彼らから見れば、アジア人は一括りですし、その中でも国柄のブランドを持つ日本人男性は卑下され評価されているのかもしれません。日本人女性の評価は正当ですが。
ひとつ国を跨げば、そんな理論は覆されると私は思います。

 

日本人男性が美女にモテモテな国のタイ

御存知の通り、タイでは日本人男子がもてます。

 

なぜかというと、それは「お金をもっているから」です。それ以上でも、それ以下でもなく答えはシンプルです。日本人の平均給与額を稼ぐタイ人男性は少ないです。それに比べて、日本人男性はタイ人からみれば何不自由ない暮らしができる金額を稼ぎます。余裕で高所得層に入ります。ちまたに溢れかえる日本食レストランは現地のローカルレストランの2倍以上の価格帯ですが、日本人ならしょっちゅう行きますし、行けます。普通の日本人くらいの額を稼いでいれば、タイでは日本と何変わりなく、贅沢な暮らしが十分にできます。

 

タイでは生活に窮する人も多いため、日本人と付き合えばたかれるという思考をもつ女性も多いようです。実際に、日本人でタイ人女性に寄生されているような男性も結構います。タイ人女性はクールです。
それでも、タイも最近では高所得層が増えているようで、物価は年々増加の傾向となってきているようです。

 

また、東南アジアにおける男性は、おどろくほど働きません。小遣い稼ぎ感覚でしばらく仕事をしては、またしばらくふらふらする。といったプー太郎的な行動パターンが多く見られます。なのでしょうがなく、妻である女性は家庭を守るためになんでもして働く。というなんとも理不尽なバランスで成り立っています。どんな理由かは知りませんが、若くして未婚の母といったケースも多いです。

特にタイ人男性の場合はサッカーの勝敗で賭けるギャンブルに夢中になっていしまうようで、そういった要素に辟易している女性も多いようです。(日本人でも賭け事好きは多いですが、その点はあまり知られてないようです。)

 

そこで、まじめに働くという印象の日本人に好印象を持っているケースもあったようです。(いまは、もうないかもしれませんが。)ただ、顔のタイプで言うと最近ではタイでも韓流スターが人気のようで、女性も男性も韓流っぽい格好や髪型をしている人を結構みかけます。(もちろん日本人っぽいスタイルの人ももっと多いですが、)

日本文化大好きの大の親日国タイでも、日本人俳優などの人気は低迷しているようですので、日本人が見た目で気に入られることは少ないかもしれません。

 

 

あれ?結局モテテないか。結局は金づるとしてみられているのです。

 

それでもいい!ただ単にチヤホヤされたい!という日本人男性は一度、タイへ来ることをオススメします。多分満足できると思います。ただ、タイ人女性は嫉妬深いので、遊びすぎた挙句に寝首をかかれないように注意が必要です。

 

中国でも日本人男性はモテるらしい

補足ですが、新日国ではないはずの中国でも一部、日本贔屓の地域ではめちゃくちゃ日本人がモテるそうです。基本的に日本人男性のステータスは親日国でないとアウェイですが、中国の日本にほど近い大連などの地域では人気があるようです。

中国人の中でも、一党独裁の情報封鎖の国に疑問を持っている若者も多く、歴史的な問題に偏見なく判断を下し、日本人好きな人もいるそうです。その中では、日本人というだけで、モテるという話も聞きました。

 

 

日本人女性がイケメンにモテモテな国のインド

なんとなくですが、確かに日本人女性というのはモテます。例えば、同じアジア系が並んでいたとしても、中国人や韓国人よりも日本人女性の方が確実にモテるでしょう。大和男子の僕から言わせても日本人女性は他国の女性に比べて素敵な要素をいっぱい持っていると思います。
(そのひとによりけりなのはもちろんですが)

 

僕がインドに住んでいた時、日本人女性はメチャメチャモテまくっていました。いや本当にうやらましいくらいに。「犬も歩けば棒に当たる」と言わんばかりに、道を歩けばとりあえずナンパされてました。そして、私ごときが失礼千万なのは承知で小声で言うと、日本だとまったく相手にされないレベルの女性でも驚くほどモテモテでした。

 

やり手の日本人女性は複数のボーイフレンドを取っ替え引っ替えで、遊んでいました。それくらいに本当にモテます。

なぜそこまでモテるか。それはインドのお国柄、自由恋愛がまだ活発ではないということがあります。インド文化では、インド人の婚前女性は貞操を大事にされ、不純恋愛は刑法で男性側が裁かれる場合もあります。そして、生理的欲求に行き場をなくし、我慢できなくなった男性が溢れかえってレイプ犯罪などが勃発しているという悲しい側面があります。

 

そんな中で、おかしな話ですが外人女性との交際は、インド文化上で全くのノープロブレムとなっています。まさにインド男性にとっては天から降ろされた一本のクモの糸のような存在です。インド男性は外人女性に飢えた動物のように、群がっていきます。

 

そこにつけて、日本人というのは外人コンプレックスが強く、ナンパを受け流す強い心が無いので、今までにそおいった経験がなく抗体をもたない女性ほど外人にチヤホヤされると舞い上がってしまう傾向にあるようです。さらにインド人はそもそも男性も女性も目鼻立ちが整った美形が多いので、言わずもがなでそのままフォーリンラブを迎えていきます。

 

インドを問わず、日本人女性が世界中でモテる理由

それは「愛する人精一杯に尽くす」からです。タイの女性もそうですが、白人女性も勝手気ままなわがままな性格の子が多いです。まるでお嬢様基質で「一緒にいたらシンドくなるな」という印象を受けます。普段、ジェントルマンにチヤホヤされているので、ワタクシ中心な女性が多いというわけです。そんな中で日本人女性は特別です。愛する彼のためにはなにかれ厭わずに誠心誠意で尽くしてあげるのが、日本人女性のとても意地らしいところです。
そんな理由も相まって、インド滞在時に日本人女性がモテモテなのを何度も見ました。

日本であまりモテないという女性で、一度チヤホヤされたいという願望があるようだったら、ちょっと危険な賭けになるかもしれませんが、インドに行けばきっとモテモテになれますよ。きっと。多分。

 

 

海外で人気の日本人女性の裏話

男同士だから聞ける話というのは、もちろんありますね。
日本人の彼女がいる。または昔いた。というインド人男性はちょいちょいいます。彼はいろいろと赤裸々に語ってくれます。(インド人は嘘が下手ですから)同じ日本国民として、ちょっと心が痛いような。「あぁ、世界に誇れる大和撫子よ。」と思うような話です。

 

ざくっと言うと、向こう側から見て日本人女性と付き合うメリットは、

日本人というだけで、基本は金持ち。もし生活に困るようなら日本にいる彼女の両親が援助してくれる。付き合うにしても、一晩にしても日本人女性は超イージー。中国人や韓国人は性格がキツイし難しい。だから日本人がいい。

というような内容です。
しまいには、「お前も挑戦してみろよ」とまで言われました。・・・何人だと思ってんだ。

 

インド人はお見合い結婚が多いので結ばれないのを覚悟の上でお付き合いが必要です。まぁ、お互い遊びのつもりならいいでしょうが、中には子供出来ちゃったけど夫が働かないから、日本に帰りたくても帰れない。なんて悲壮感漂うようなケースもありますから、お遊びの場合は気をつけてみてください。

 

 

グローバル恋活の時代

男性も女性も、国を跨いでパートナー探しができる時代です。
日本人男性も案外捨てたもんじゃないです。日本人女性はやっぱりモテました。でも、男性も女性も悪い奴にはとことん注意が必要ですね。
もしかすると案外、運命の赤い糸は国境を越えてるのかもしれないので、積極的に出会いを求めに行きましょう。

 

 

-スポンサーリンク-

この記事が気に入ったらシェアお願いします。
美女にモテたい男子はタイへ、イケメンにモテたい女子はインドへ行け
http://moodforaday.in/146 

日本にいるときは外人をやはり特別な目で見ていました。 特に男性だったら女性を、女性だったら男性を異性としてみていたはずです。   しかし、日本を一歩出れば。自分が外人です。外国人になってみて、その国の人からどう・・・

シェア:
この記事を読んだ人にオススメの記事